スマホの経年劣化トラブル

by

“スマートフォンが故障するケースは、何もスマートフォンを落としてしまった時のみではありません。
近年では、「経年劣化でスマートフォンが故障するケース」も話題になっています。なぜ経年劣化による故障ケースが知られるようになってきたのか・・・というと、それは、「リユーススマホ購入者数が増えている」からです。
リユーススマホとは中古のスマートフォンを意味するのですが、「危険性を理解せずに安いから」という理由でリユーススマホを購入してしまう人は多くいます。また、リユーススマホは個人を介して購入するのはよくないといわれているのですが、その理由は「スマートフォンが故障するリスクが高い」からです。
リユーススマホは専門業者でも取り扱っているのですが、個人の販売ではないため「ランク付け、動作確認、補償」の3つについては徹底している専門業者が多いです。つまり、汚れがあるようであれば専門家がクリーニングする、故障しているようであれば直した状態で販売する・・・のが、個人と専門業者の大きなちがいなのです。
個人がヤフーオークションやメルカリなどフリマアプリを利用してリユーススマホを出品する場合、故障に関する情報がはぶかれていることもあります。そのため、「利用期間が1年で外観はかなりよい」というスマートフォンがあったとしても、実は、スマートフォンのバッテリー消耗が激しい、スマートフォンのパーツなどが他社製品のものに置き換わっているケースまであるのです。
ここまでスマートフォンが故障するケース、リユーススマホについて案内してきましたが、ここからは「スマートフォンが故障するのを防ぐ方法」について案内していきます。
まず、スマートフォンのほとんどは「2年ほどでバッテリーを交換したほうがよい」です。その理由ですが、スマートフォンが故障するケースの多くは電気関係とされており、その中にはバッテリー消耗が早まるリスクがあるからです。
バッテリー消耗が早まっているバッテリーを交換せずにいると、その後は「ボタン、カメラ機能などでもスマートフォンが故障する可能性が出てくる」ので注意してください。
補足となりますが、経年劣化でスマートフォンが故障するのは自然なことなので、スマートフォンメーカーのほとんどで「保証を行っている」という事実があります。ですが、リユーススマホを購入する場合は保証を受けられない・・・可能性が出てくるでしょう。
その理由ですが、「リユーススマホは2年以上使用されているモデルが混じっている」からです。スマートフォンは、パソコンと同じで保証期間が存在するため、いつでも保証を100%受けられるわけではありません。
こちらについてよく知らないためリユーススマホを購入してしまい、スマートフォンが故障することで保証期間について学ぶ人も少なくありません。
もし、どうしてもリユーススマホを購入したい場合は専門業者を通じて購入する、もしくは「新しいモデルを購入する」ようにしましょう。そもそも古いスマートフォンの場合は価格相場がわかりません。スマートフォンのリユーススマホについて調べているサイトはあるのですが、そのようなサイトを利用しても1年前の価格帯しかわからない・・・ケースもあるのです。
なので、今ではヤフーオークションやメルカリを通じて、リユーススマホを購入する人が減ってきました。また、専門業者を通じてリユーススマホを購入する場合、送料についても無料ですしオプションサービスに加入していると、長期保証を受けられるケースもあります。”

いまだに人気の高いリユーススマホ「Samsung Galaxy S10」

by

“新品未使用レベルに近づくと4万円ほどするのですが、それでも、「Samsung Galaxy S10」はリユーススマホの中でも売れているスマートフォンです。
リユーススマホとは型落ちしているスマートフォンのことで、本来であれば「性能やコストパフォーマンス」を意識してあまり売れないものですが・・・、現在では、世界的に半導体不足が懸念されているためニューモデルが在庫切れ、2ヶ月以上の入荷待ち・・・という状況になっているので、性能のよいリユーススマホ人気が再燃するようになりました。
Samsung Galaxy S10は「約30,000円」で販売されているリユーススマホで、2019年5月発売モデルのスマートフォンとなります。
Samsung Galaxy S10の詳細スペックですが、「カラーバリエーションがプリズムホワイト・プリズムブラック・プリズムブルー、サイズ(高さ×幅×厚さ)は約150mm×70mm×7.8mm、重さは約158g、ディスプレイサイズは約6.1インチ 有機EL 1,440×3,040(QHD+)、アウトカメラは広角:1,600画素(F2.2)・望遠:1,200万画素(F1.5/F2.4)・望遠:1,200万画素(F2.4)、インカメラは1,000万画素(F1.9)、チップはSnapdragon 855、メモリ(RAM)は8GB、ストレージ容量は128GB(SDカード対応で最大512GB)、バッテリー容量は3,300mAh、ワイヤレス充電対応、防水防塵機能あり(IP68)、認証システムに指紋認証/顔認証、おサイフケータイ機能あり、5G対応モデルではない、デュアルSIM非対応」のスマートフォンです。
2019年以降のモデルであり、Samsung Galaxy S10はハイエンドモデルのスマートフォンということもあって、「ゲーミングスマホとしても利用できるスマートフォン」です。
最新のゲームアプリではRAM6GB以上を要求されるため、Samsung Galaxy S10はチップが高性能、ストレージ容量も申し分ないので、リーズナブルな価格で購入できるゲーミングスマホと思って問題ないでしょう。
そのほかの特長としては、おサイフケータイ機能あり、ワイヤレス充電に対応しているところです。同年代のスマートフォンでは対応していないことが多いので、これらもSamsung Galaxy S10の特長といえるでしょう。”

LINEアナウンス機能の設定方法と解除方法をレクチャー

by

“LINEには便利な機能がたくさんありますが「アナウンス」という機能をご存知ですか?アナウンスは特定のメッセージをトークルームのトップにピン留めできる機能のことです。ここではLINEのアナウンス機能についてまとめてみましょう。
【LINEのアナウンス機能とは?】
LINEのアナウンスとは、待ち合わせ時間やスケジュール、予定などLINEのトークのやり取りで流れて欲しくないメッセージを、トークルーム上部に固定表示してくれる機能のことです。このアナウンス機能では相手のトーク画面にも表示されるので、スケジュールの共有や持っていくものなどをピン留めしておけば、すぐに確認ができます。グループ内で共有した情報を忘れないように目立たせたいという時に役立ちます。
ピン留めされたメッセージをタップすれば、そのメッセージがやり取りされたところまでLINEのトークを移動できます。過去のメッセージを手動で遡って探すのは非常に面倒ですが、その手間が省けるのがアナウンス機能の最大のメリットと言えるでしょう。
ちなみにアナウンスに設定された文章は1行目しか表示されません。元のメッセージ全文を確認する時にはメッセージをタップしましょう。またアナウンスしたメッセージの前後の文を確認したい場合にも、メッセージをタップしましょう。
【アナウンス機能でピン留めできるのは?】
メッセージをピン留めすると、トーク画面上部にメッセージが表示されます。ピン留めできるのは
・メッセージ
・投票
・イベント
の3種類です。
スタンプ、ノートに関してはピン留めできないので、注意しましょう。
【アナウンスは同時に5個までピン留めができる】
アナウンスでは最大5個までピン留めすることができます。ただし2個以上ピン留めをした場合には、最新のアナウンスが優先的に表示される仕組みとなっています。
過去にアナウンスを設定したメッセージは省略表示になるので注意しましょう。
アナウンスでピン留めしたメッセージの右端にある[下向きのマーク]をタップすれば、現在ピン留めしているメッセージを一覧で確認できます。6個以上のアナウンスを設定した場合、古いものから順番に消えていきます。
【LINEアナウンスの設定方法・解除方法をレクチャー】
LINEアナウンスの設定方法と、不要になったメッセージのピン留めを削除する方法をまとめてみましょう。
<アナウンスの設定方法>
1、ピン留めしたいメッセージを長押しする
2、[アナウンス]をタップする
3、アナウンスをタップすると、トーク画面上部にピン留めが表示される
<アナウンスの削除方法>
アナウンスを削除する方法には
・解除
・非表示
・最小化
の3つの方法があります。
・アナウンスのピン留めを解除する方法
ピン留めを解除すると、トークルーム自体からアナウンスが削除され、相手画面からもピン留めは削除されます。
1、削除したいアナウンス表示を長押しする
2、[アナウンス解除]をタップする
・アナウンスのピン留めを非表示にする方法
自分の画面でだけアナウンスを削除したい場合には、「非表示」にしましょう。非表示は解除とは違って、自分のLINEのトーク画面上でのみ、ピン留めしたメッセージを削除できます。
1、アナウンス表示左下の[今後は表示しない]をタップする
2、自分の画面のみ非表示の状態になり、相手の画面に残る
・アナウンスのピン留めを最小化する方法
アナウンスの表示が邪魔だなと感じた場合、最小化する方法があります。最小化するとアナウンスの表示がアイコンだけの表示となるのです。解除や非表示とは違って、最小化であればアイコンをタップすれば、ピン留めの再表示ができます。
1、アナウンス表示下の[最小化]をタップする
2、画面右上にアナウンスの縮小アイコンが表示される”

各SNSでアップロードできる動画の長さを徹底比較!

by

“スマホがあれば誰でも簡単にSNS上に動画を投稿・視聴することができます。日々SNSの動画をチェックしているという人は多いでしょう。また近年ではスマホでの動画編集機能も充実しており、難しい知識がなくても誰でも簡単にエフェクトやテロップ作成などを行うことができます。ここでは各SNSでアップロードできる動画の長さについてまとめてご紹介します。
【各SNSによって投稿できる動画の長さは違う!】
SNSにはTwitter、インスタグラム、Facebook、TikTokなど様々な種類があります。それぞれのSNSには独自のルールがあり、投稿できる動画の長さにも違いがあります。またSNSごとに仕様が異なるため、反響のある投稿をしたいのであれば、そのSNSの特徴をしっかりと理解した上で、そのSNSに見合う投稿をする必要があります。
【SNSで投稿できる動画の長さを徹底比較!】
SNSで投稿できる動画の長さは異なりますので、それぞれを比較してみましょう。今回ご紹介するSNSは
・インスタグラム
・Twitter
・YouTube
・TikTok
の4種類です。
<インスタグラム>
インスタグラムは写真・動画など視覚的に訴求できるコンテンツを発信するのに特化したSNSです。そのため洗練された写真や動画を投稿するユーザーが多いでしょう。インスタグラムでは動画を投稿する場所によって、投稿できる動画の長さは異なります。それぞれまとめてみます。
・フィード投稿
フィード投稿はホーム画面で表示される最もスタンダードな投稿で、投稿できる動画の長さは3~60秒です。1分以上の動画を投稿しようとすると、自動的にリール投稿になってしまうため、フィード投稿をしたい場合には60秒以内に動画尺を調整する必要があります。
・ストーリーズ
ストーリーズはホーム画面上部に表示される投稿で、24時間経過すると消失します。ストーリーズの動画の長さは1つ15秒までです。15秒以上の動画を投稿すると、自動的に動画は分割されて、いくつかのストーリーズとして投稿されます。分割は最大4つまでで、1回で投稿できる動画の長さは最長60秒までとなります。
・リール
リールは音楽・エフェクトを使用した短尺動画をシェアする投稿のことです。リールで投稿できる動画の長さは最長15分です。
・インスタライブ
インスタライブでは15分以上の動画投稿が可能です。最長60分の長さの動画投稿ができ、15~60分の長尺動画に関してはパソコインからのみアップロードが可能です。
<Twitter>
Twitterは情報の拡散力が高く、フォロワー以外の不特定多数のユーザーに情報を発信することができます。リアルタイムな情報をすぐに手に入れることができるのがメリットと言えるでしょう。Twitterに動画投稿できる場所は
・タイムライン
・スペース
・コミュニティ
の3つです。
・タイムライン・コミュニティ
タイムラインとコミュニティでは、投稿できる動画の長さは最長140秒(2分20秒)です。投稿したい動画が140秒以上の場合は、編集画面からトリミングが必要となります。
・スペース
スペースはテーマを設定したルームで、音声を使ってリアルタイムに会話ができる機能のことです。スペースの動画の長さには特に上限がありません。しかしスペースのホストになるには「フォロワーが600名以上」「公開アカウントであること」などの条件があります。
<YouTube>
YouTubeはだれでも簡単に動画を投稿・視聴できる世界最大の動画共有プラットフォームです。YouTubeに動画投稿できる場所は
・通常投稿
・ショート動画
・ライブ配信
の3つです。
・通常投稿
通常投稿はスタンダードな動画投稿機能で、最長で12時間の動画を投稿できます。12時間を超える動画に関してはYouTubeにアップロードできません。
・ショート動画
ショート動画では最大60秒までの縦型動画を投稿できます。スマホで閲覧する際には、動画右下に「ショート」と表記されています。
・ライブ配信
ライブ配信は通常の投稿とは違って、時間制限はなくYouTubeからリアルタイムで動画の配信が可能です。ライブ配信の時間が12時間以内であれば、自動的にアーカイブ化されます。
<TikTok>
TikTokは音楽を追加したショート動画やエフェクト加工した動画投稿が人気の、短尺動画に特化した動画共有プラットフォームです。TikTokの動画の長さは最長10分となっていますが、主に15~60秒程度の短い動画を楽しむ傾向があります。なるべく短い時間で、テンポのよい動画編集を行った動画投稿がおすすめです。”参照

集客アップにつながるLステップの代表的な機能とは?

by

“LINE公式アカウントのメッセージ配信を自動化してくれるツールとして注目されているのが「Lステップ」です。ここではLステップに搭載されている機能についてまとめてみましょう。
【Lステップの代表的な機能を解説】
Lステップには非常にたくさんの機能が搭載されています。ここでは代表的な機能をまとめてみましょう。
<ステップ配信>
あらかじめ登録しておいたメッセージを、シナリオに沿って自動配信する機能のこと。登録した直後にクーポンを配信、3日後にアンケートを送信、1週間後にSNSに誘導、アクションが多いユーザーにはイベント案内を送るなど、あらかじめシナリオを登録しておくことで、そのように自動配信してくれます。
このようなシナリオは複数パターン用意できるので、顧客1人1人の興味・行動に応じてアプローチが可能です。LINE公式アカウントでは同じメッセージを同じタイミングで一斉送信する機能しかないため、シナリオに沿った配信はできません。
<セグメント配信>
集団を一定条件で区切って、それぞれに応じた内容でメッセージ配信をする機能です。年齢・性別などの基本的な属性情報の他に、○○を購入した人、URLをクリックした人など行動によってセグメントすることもできます。
<リマインド配信>
来店予約の前や、セール開催前にメッセージを配信して、ユーザーのうっかり忘れを防止する機能です。顧客1人1人の予約情報や興味に合わせて自動でリマインドメッセージが配信されるので、企業側がスケジュール管理する手間が省けます。
<自動応答>
あらかじめ登録しておいたキーワードに沿って自動メッセージを配信する機能のこと。ユーザーが「何時からですか?」とメッセージしてきた場合には「10時から営業開始です」と返信するように登録しておくことで、個別対応の手間を省けます。
<回答フォーム>
アンケートやお問い合わせフォームを作成して、配信する機能。入力項目は自由に作成でき、蓄積された情報はセグメント配信などに活用されます。
<顧客管理>
Lステップで集めた顧客情報・行動は、カルテのように個別に蓄積されます。この情報をもとに、セグメント配信やマーケティング施策を効率的に行っていくのです。顧客に関する情報はエクスポートすることも可能です。
<リッチメニュー>
トークルームの下部に固定メニューを表示させる機能のこと。ECサイトへの誘導、クーポン一覧、地図アプリのリンクなどを固定表示することができます。”

HISモバイルの格安SIMのメリット・デメリット

by

“格安SIMは数が多くてどこの会社を選べばよいか迷ってしまう…と言う人は多いでしょう。今回ご紹介するのは「HISモバイル」です。ここではHISモバイルの格安SIMについてまとめてみましょう。
【HISモバイルとは?】
HISと言えば旅行会社としての知名度が高いです。そのHISがサービスを提供している格安SIMが「HISモバイル」になります。HISモバイルでは国内で使用できる格安SIMの他に、Wi-Fiなど様々なサービスを提供しています。
【HISモバイルの国内SIM通信プランとは?】
HISモバイルの国内通信SIM通信プランは全部で4つ。
・格安ステッププラン
・格安弐拾プラン
・格安かけ放題プラン
の3つのプランはドコモ回線を使用します。
・ビタッ!プラン
はソフトバンク回線です。
月額料金はそれぞれ以下の通りです。
・格安ステッププラン(1GB、3GB、5GB、7GB、10GB):590円~
・格安弐拾プラン(20GB):2178円
・格安かけ放題プラン(3GB~30GB):2728円
・ビタッ!プラン:1078円~
【HISモバイルのメリットとは?】
HISモバイルのメリットをまとめてみましょう。
<豊富な料金プランで自分にあったものを選べる>
HISモバイルの料金プランでは、音声通話付のSIMプランだけでも4つのプランが用意されています。毎月使用するデータ容量や予算などを考慮して自分にあったプランを選びやすいでしょう。
<プリペイド式のSIMカードがある>
HISモバイルではデータ通信専用プリペイドSIMカードがあります。プリペイド式とは、利用できるデータ容量や期限が決まっているSIMカードのことで、前払いで購入して使う方法となります。プリペイド式であれば即日利用が可能となっているので、急にインターネット環境が必要になったという場合も重宝するでしょう。また通信プランも選ぶことができるので、出張や旅行など日数が分かっている場合などは、自分の用途にあったものを無駄なく使用できます。
<人気スマホが安く手に入る>
HISモバイルではSIMとスマホをセット購入することで、スマホ本体をお得な価格で購入できます。
<Wi-Fiルーターレンタルサービスもあり>
HISモバイルではモバイル型Wi-Fiをレンタルできます。モバイル型Wi-Fiを持っていれば、自宅や外出先で自由にインターネットを利用できるのでリモートワークなどでとても便利です。特別な補償プランも用意されているので安心です。
【HISモバイルのデメリットとは?】
HISモバイルのデメリットについてまとめてみましょう。
<販売している端末は全て中古品>
HISモバイルではSIMカードとスマホをセットで購入することで、安くスマホ本体を手に入れられますが、販売中のスマホ端末は全て中古品になります。中古品であっても、動作に支障のないものだけを販売していますが、中古品に抵抗がある方や、新品を購入したいという方は注意してください。
<プラン申込後の端末購入は10日以内に行わなければならない>
SIMセットで端末を購入する場合には、プランを先に申し込んで後から端末を購入する方法と、端末を購入してからプランを申し込む方法の2パターンがあります。プランを先に申し込んだ場合には、スマホ端末はプラン申込みから10日以内に購入する必要があるので注意しましょう。
<問い合わせはメールのみ>
HISモバイルで分からないこと、相談したいことがあっても対面や電話での相談はできず、メールのみの対応となります。メールでの問い合わせでは不安…という人いるかもしれません。またメールでの問い合わせの場合は、状況によってはすぐに返信が来ない場合もあるので注意しましょう。”

インスタ投稿をECサイトに埋め込むメリット・デメリット

by

“インスタ投稿をECサイトに埋め込むとどのようなメリットがあるでしょうか?ここではインスタ投稿をECサイトに埋め込むメリット・デメリットをまとめてみましょう。
【インスタ投稿をECサイトに埋め込むメリットとは?】
インスタ投稿をECサイトに埋め込むメリットは以下の通りです。
・サイトのコンテンツが充実する
・公式のインスタグラムの宣伝になる
・SEO対策につながる
・CVにつながる
ECサイトに商品写真や口コミなどのインスタ投稿を掲載すると、サイトのコンテンツの充実度が高まり、説得力・信頼性がアップします。するとサイト訪問者の満足度があがり、サイトの滞在時間や回遊率、CVRの改善などにつながるでしょう。
またGoogleでは顧客体験を重視する傾向があるため、SEO対策にも効果的であると言えます。
【インスタ投稿をECサイトに埋め込むデメリットとは?】
インスタ投稿をECサイトに埋め込むデメリットは以下の通りです。
・運用リソースの確保が必要になる
・著作権トラブルが生じることがある
・エラーが起こるとコンテンツが表示されなくなる
・外部ツールを使わないと表示デザインの変更ができない
インスタ投稿をECサイトに埋め込むためには、1つ1つのページにHTMLコードを貼り付けなければなりません。そのため運用リソースの確保が必要になるでしょう。
またインスタアカウントの運用や投稿の掲載許可をもらう交渉を行うなど、サイト運営以外にも関連業務が発生してしまうでしょう。
【ECサイト運営に効果的なインスタ投稿とは?】
ECサイトにおいてインスタの埋め込み機能は宣伝活動に有効ですが、ただやみくもにインスタ投稿をしても大きな成果は得られません。ではどのような投稿をするのが効果的なのでしょうか?
ここではECサイト運営に効果的なインスタ投稿についてまとめてみましょう。
<企業の公式アカウントの投稿>
企業の公式アカウントを投稿するのは、ECサイトに埋め込むのに適しています。インスタをフォローしていない人に投稿を見てもらうことができるので、公式アカウントやキャンペーンの宣伝に効果的です。
<スタッフによる投稿>
商品を販売する担当スタッフによるインスタ投稿は、宣伝活動に効果的です。衣料品ブランドの場合であれば、店舗スタッフが実際に商品を着ている写真を動画に埋め込むと、高い宣伝効果が得られます。サイト訪問者は投稿を視覚的に楽しめ、実際に商品を手にした時のイメージがしやすくなるでしょう。
<インフルエンサーによる投稿>
宣伝活動の一環としてインフルエンサーによる投稿を取り入れているケースもあります。インスタ投稿自体では基本的にフォロワーしか見てもらえない上、インスタの性質上何度も同じ投稿を見てもらうのは難しいです。
しかしサイトに埋め込んだインスタ投稿であれば誰でもいつでもどこでも閲覧可能なので、長期的な宣伝効果を持続できるでしょう。
<一般ユーザーによる投稿>
一般ユーザーによる投稿は、広告作成だけではなくECサイトに活用するのも有効です。コンテンツが充実することに加えて、信頼性が高まり、親近感を与えることもできるでしょう。”

安定した性能を誇るので人気のgalaxyシリーズ「Samsung Galaxy Note 10 Lite」

by

“galaxyシリーズの中でコストパフォーマンスが高いスマートフォンを探しているユーザーには、「Samsung Galaxy Note 10 Lite」がオススメです。
Samsung Galaxy Note 10 Liteは、価格が「約45,777円」で発売されたモデルのため格安です。今では、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルが発売されているため、こちらの価格ではあまり安くないように感じるかもしれません。ですが、Samsung Galaxy Note 10 Liteは発売からすでに2年以上経過しているモデルのため、今であれば、半値で購入できるスマートフォンとして人気を集めています。
また、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルとSamsung Galaxy Note 10 Liteではなにがちがうのか・・・というと、基本的に「スペックがちがう、機能がちがう」という大きなちがいがあります。
Samsung Galaxy Note 10 Liteは廉価版とされているモデルなのですが、「ディスプレイは6.7インチと大画面、大容量バッテリー搭載モデル」として人気を博した特徴があります。ちなみに、今ではワイドディスプレイタイプのスマートフォンが減少傾向にあるため、もしかすると、将来的にSamsung Galaxy Note 10 Liteのようなディスプレイサイズはなくなるかもしれません。そのようなこともあり、今ではSamsung Galaxy Note 10 Liteのようなワイドディスプレイタイプのスマートフォンが注目されているのです。
しかもSamsung Galaxy Note 10 Liteには、「スライスペン(Sペン)」が採用されています。ペンを使ってスマートフォンにメモを残す人にとっては、Samsung Galaxy Note 10 Liteは唯一無二の存在でしょう。
Samsung Galaxy Note 10 Liteの詳細スペックですが、「ディスプレイサイズが6.7インチ、RAMは8GB、ROMは128GB、バッテリー容量は4,500mAh」となっておりますので、廉価版でこれほどのスペックを出せるのはgalaxyシリーズのすごみかと存じます。
ただしSamsung Galaxy Note 10 Liteは、「防水防塵機能なし、おサイフケータイ機能なし」となっているので注意してください。そのほかの処理能力などについてはgalaxyシリーズの中でも高いほうなので、廉価版が意味するものは機能が不足している一面もあるくらいでしょう。”参照

povoやLINEMO、楽天モバイルは海外ローミングできる?できない?

by

“ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアでは、ahamoやLINEMO、povoなど低価格をウリにした料金プランを打ち出しています。ドコモの「ahamo」では、海外ローミングが可能で、追加費用なし、手続きなしで気軽に海外でも利用することができます。では他のキャリアの格安プランでは海外でのデータ通信は可能なのでしょうか?まとめてみましょう。
【海外ローミングとは?】
海外でスマホやパソコンなどの端末を使ってインターネット接続するには、街中やホテルなどのWi-Fiスポットを利用する方法と携帯電話会社などのサービスを利用する方法の2つがあります。携帯電話会社のサービスを利用する方法のうち、国内で契約しているスマホを海外でも利用することを「海外ローミング(国際ローミング)」と呼んでいます。ちなみに「ローミング」とは「歩き回る・放浪する」という意味です。
日本で契約している携帯電話会社の携帯電話を海外で利用する場合には、日本の携帯電話会社がその国・地域でサービスを提供している電話会社から回線を借りて、契約者にサービスを提供する流れです。利用料金は実際に利用した国の携帯電話会社から、日本での契約先である携帯電話会社に請求がいき、その携帯電話会社から契約者のもとへ請求がいく仕組みとなっています。
【povoは海外ローミングを利用できない!】
povoでは現在海外ローミングは利用することができません。提供予定となっているものの、開始時期をはじめ、手続きの要・不要や追加料金の有無、対応エリアなど詳細については全て未定となっています。
【LINEMOの海外データ通信とは?】
LINEMOでは「世界対応ケータイ」というサービス名で国際ローミングを提供しています。この「世界対応ケータイ」は、ソフトバンク・ワイモバイルが提供している国際ローミングと同じ内容になります。
海外ローミングを利用するための料金は無料となっているものの、通信料は別途発生するので注意しましょう。また海外データ通信の通信料は非常に高く、25MBで5万円を超えてしまうことも…。そのため定額サービスである「海外パケットし放題」の設定は必須と言えるでしょう。この「海外パケットし放題」を適用すれば、1日あたり最大2,980円となります。
【楽天モバイルの海外データ通信とは?】
楽天モバイルでは、利用料・通信料とも0円となっていて、ahamoと同じように追加料金なしで海外ローミングの利用が可能です。ただし利用上限があります。ahamoが最大15日間という連続利用制限があるのに対して、楽天モバイルでは通信量が制限されています。制限される通信量の上限は2GBとなっているので気を付けましょう。
データ容量を超過した後は、通信速度が最大128kbに制限されるものの、 1GBあたり500円でデータ容量を追加すれば解除も可能になっています。また楽天モバイルの海外ローミングは、利用可能なエリアがahamoよりも少ないです。海外指定66の国と地域で使用可能になっているので、渡航する際には指定エリアかどうかを確認してみましょう。”

LINE通話はどれくらの通信量が必要なの?

by

“スマホで通話する時に電話ではなく、LINE通話を利用している人は多いでしょう。LINE通話では、電話料金は発生しませんが、その分通信料は必要となってきます。ここではLINE通話についてまとめてみましょう。
【LINE通話とは?】
LINEでは通話機能があり、この機能を使うと電話をしているように相手と話すことができます。LINEにおける音声通話は電話回線ではなく、モバイル通信やWi-Fiによるインターネット経由で行われています。LINE通話はスマホをはじめ、パソコンやタブレットなどでも通話が可能です。LINEアプリさえインストールされていれば、様々なモバイルデバイス端末での通話が可能になっています。逆に言えば、LINEアプリを使えない固定電話、ガラケー端末、サポート終了済みの古いOSを搭載した端末ではLINE通話を行うことはできません。
【LINE通話の音声品質は?】
LINE通話は一般的な通信環境であれば問題なく会話をすることができます。LINE通話品質は日に日に向上しており、音声が途切れて通話にならない…といったことは現在ではほとんどありません。
【LINE通話は完全に無料なわけではない】
人によっては「LINE通話は無料」と勘違いしている人がいるので注意が必要です。確かにLINE通話は電話回線を利用していないため、通話代ということでは無料となります。しかし全てがフリーなわけではなく、LINE通話はデータ通信量が掛かってきます。つまりまとめてみると
・LINE通話は通話料金に関して無料
・フリーWi-Fi環境下であればデータ通信量が無料
・フリーWi-Fi環境下でなければ、データ通信量はかかってくる
となるわけです。
【LINE通話で消費する通信料は?】
LINE通話をよく使用する人であれば、その通話にかかるデータ通信量が気になるでしょう。ここではLINE通話でかかるデータ通信量についてまとめてみましょう。
<LINE通話(音声通話)のデータ通信量>
LINE通話(音声通話)のデータ通信量の目安は以下の通りです。
・無料通話時間1分:データ通信量0.3MB
・無料通話時間10分:データ通信量3MB
・無料通話時間30分:データ通信量9MB
・無料通話時間1時間:データ通信量18MB
通話=たくさんのデータ通信量が必要…というイメージがありますが、実は意外と少ないデータ通信量で長時間の通話が可能です。
<LINE通話(ビデオ通話)のデータ通信量>
LINE通話(ビデオ通話)のデータ通信量の目安は以下の通りです。
・無料通話時間1分:データ通信量5.1MB
・無料通話時間10分:データ通信量51MB
・無料通話時間30分:データ通信量153MB
・無料通話時間1時間:データ通信量307MB
無料通話(音声通話)に比べるとデータ通信量は大きくなるものの、YouTubeを1時間視聴すれば2GB程度の通信料が必要になるので、それと比べれば通信量は少ないと言えるでしょう。
【1GBでどれくらの会話ができるの?】
では1GBの通信量でいったいどれくらいの会話ができるのでしょうか?
音声通話、ビデオ通話それぞれまとめてみましょう。
<音声通話>
音声通話の目安としては、1GBで約55.5時間話すことができます。毎日1時間30分~2時間ほどLINE通話をしても1ヶ月1GBでおさまるでしょう。
<ビデオ通話>
ビデオ通話は1GBで3.25時間話すことができます。1ヶ月で換算すると、1日あたり約6分の動画通話ができるでしょう。”